嘱託医さんに聞く、登園に関わる子どもの病気②【溶連菌感染症】

溶連菌感染症

大きな特徴

発熱(38~39℃)と喉の痛み

症状

主な症状は、発熱(38~39℃)と喉の痛み。
3歳未満はあまり熱があがらないと言われている。
体や手足に小さくて紅い発疹が出たり、舌にイチゴのようなツブツブができたりする(イチゴ舌)。
その他、頭痛、腹痛、吐き気。
嘔吐、首筋のリンパ節の腫れもみられる。

合併症として心臓弁膜症、糸球体腎炎が起こるうるので
しっかりと抗菌薬を服薬することが大切。

治療後も咳は遷延し、
咳が出なくなるまでに1ヵ月くらいかかることもある。

感染しやすい期間

適切な抗菌薬治療を開始する前と開始後1日間。

登園の目安

抗菌薬内服後24時間経過していること。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です