ブランクができてしまったら、キャリアは終了?

– ofuIKU column –

「離職期間があると、転職や復職は難しい」。

よく聞く・ネットで目にするフレーズです。

実際、転職や復職までのブランクがあいてしまうと、再度働き出すことが不安で仕方ない気持ちになるのはよくわかります。
また、復職までのブランクがネックで勤めていた会社を辞めたり、後ろめたい気持ちが面接で出てしまったり…。

このように、働きたい気持ちがあっても、ブランクが要因で再度キャリアをスタートさせることができないこともあります。

キャリアにブランクを作ってしまった・できてしまったら、それで将来のキャリア形成の可能性はなくなってしまうのでしょうか?

■ ブランクがあるのに雇ってくれるのか?

仕事に求職期間や退職後の空白期間があると、会社員、とくに正社員になることは難しいのでしょうか?

法律上は、休職しても復職できるのが原則です。

しかし、仕事と子育てを両方こなすのが難しく、退職を選ばざるをえないお母さんは多くいらっしゃいます。
仕事にブランクがあると、環境やタイムスケジュール的に正社員になることが厳しいケースはあります。
また、産前よりもこなせる仕事量が減り、職場の方に迷惑をかけてしまうから…と退職を選ぶケースも少なくありません。

■ 自分のキャリアが選択できない不自由さ

終身雇用の制度が崩壊し、転職や雇用形態を変えることは珍しくはなくなってきました。
それでも、自分の望む働き方を実現しているというよりは、企業の労働条件に合わせて働いている人が非常に多いですよね。

働き方の多様化は、まだ一部の人の間でしか浸透してないのかもしれません。
家庭から遠く離れることができないお母さんには、働き方の多様性は現実味のないことかもしれません。

■ ofuIKU(オフイク)で産前の経験を活かす

産前と産後でまった違う仕事に就くお母さんもいらっしゃいますが、せっかくまた働けるなら、今まで頑張ってきた職種や仕事内容に引き続きチャレンジしたいところでもあります。

ofuIKU(オフイク)では、時間や場所にとらわれず働くことができます。
これから復職する方、就職活動中の方、ほかにもご自身の現状を打破したい方が、ご自身の生活やキャリアについて考えながら働ける環境があります。

キャリアはさまざまな場所で、いつでもつないでいくことができるとofuIKUは考えています。

また、産休中・育休中に資格取得を目指すお母さんもいらっしゃいます。
保育士が常駐するofuIKU(オフイク)で、一人で集中できる時間を手に入れることもできます。
復職までの時間を有効活用するためにも、ofuIKUはお役に立てることでしょう。

 

ライター:ofuIKU編集部

TOPへ

ご相談受付