嘱託医さんに聞く、登園に関わる子どもの病気④【百日咳】

百日咳

大きな特徴

連続的な短い咳、息を吸うときにヒューと音がする

症状

咳やくしゃみといった風邪症状からはじまり、次第に咳がひどくなっていく。
連続的な短い咳と息を吸うときにヒューと音がする発作が起こる。
咳は夜間に悪化する。

息が詰まるため、顔などに腫れや内出血が見られることもある。

4種混合を受けていない乳児がかかると息が出来なくなるため
「無酸素脳症」を起こすことがある。

感染しやすい期間

抗菌薬を服用しない場合、咳出現後3週間を経過するまで。

登園の目安

特有の咳が消失し、全身状態が良好であること。
(抗菌薬を決められた期間服用する。
7日間服用後は医師の指示に従う)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です